助産施設は、出産を助ける施設として一般にも広く認知されていますね。産婦人科や助産所などの病院が指定されており、そこでは毎日のように赤ちゃんが生まれています。

助産施設といえば産婦人科の医者や看護師の職場といったイメージが強いでしょうが、保育士の仕事もあるのです。

仕事があるといっても、保育士が助産施設で働くということは決して一般的ではありません。

近年、保育士を採用するところが増えてきつつあるといったところです。

産婦人科医や助産師が不足しているため、その手伝いをするということで、保育士が必要とされています。

助産施設・産婦人科で働く保育士の仕事内容・役割

助産施設における保育士の仕事は、乳児の世話がメインです。

保育士が採用されていない現場や、保育士が採用されていなかった頃の助産施設・産婦人科では看護師や助産師・医師が世話をしていました。

しかし、近年産婦人科医や助産師などの人材不足が叫ばれており、少しでもその負担を減らすために保育士が「乳児の世話」という役割を担っています。

また、乳児の世話をするだけではなく、母親に対しての育児指導をすることもあるのです。

初めて母親になる人は、子育ての仕方がわからずに四苦八苦します。近年では母親になる年齢も下がってきていますし、育児放棄やネグレクトなども多発しています。

そういったことを防ぐという意味もあり、看護師と協力をして、母親に対して育児指導を行うのです。

看護師だけでは育児アドバイスが難しかったのですが、保育士であれば子供の世話をするための知識と経験が豊富ですから、長い目で見た子育てアドバイスができます。

さらに、第二子や第三子を産むという場合には、子供をつれて助産施設に訪れることが多いです。

診察中にじっとしていられない年代の子供であることが多く、診察中に保育士が子供の面倒を見るサービスを行っている助産施設もあります。

生まれた赤ちゃんの世話だけでなく、妊婦が診察に連れてきた子供の一時的な世話をするという仕事もある場合があるのです。

助産施設では、出産のプロとして助産師・産婦人科医がおり、そのサポートをする看護師がいます。保育士は、子育てのプロとしての役割が求められているのです。

保育園よりも人間関係が良好な職場が多い

保育園で働く保育士は女性社会となっています。女性社会特有の嫌がらせや陰口の言い合いなどに疲れている・疲れたという人も多いでしょう。そういった人が助産施設で働くと、少しはそういった「嫌なこと」も緩和されるようです。

助産施設は少人数制であることが多いです。特に保育士は採用人数も少ないため、ほかの保育士と接する機会があまりありません。

看護師や助産師などで女性も多い職場ですが、勤務中に関わる時間はそこまで長くはないため、女性社会でありながら、女性社会の暗部に触れることが少ないのです。

それが、助産施設で働くメリットだと言えるでしょう。

助産施設・産婦人科の保育士求人傾向

給料相場と残業頻度

助産施設で働く保育士の給料は、あまり高いとは言えません。施設によってピンからキリまであるのですが、給料が低いところが多いです。

一般的な保育園で働いていた頃よりも給料が下がったという話も目にします。そのため、給料については期待しないほうが良いでしょう。

ただ、一般的な保育園に比べて残業は少ないようです。

施設数は多いが、求人数は少ない

産婦人科をはじめとする助産施設は、全国で400箇所程度あります。施設数は決して少なくはありません。

ただ、施設の規模として、10床以上は設置してはいけないという制限があるため、そこで働く保育士は少人数制となっています。

ひとつの施設につき、保育士は2人程度で、3人以上いれば多いと言えるでしょう。そのため、求人数としては多くありません。

地域や時期によっては、まったく見つからないということもあるでしょう。助産施設で働きたいと考えるのであれば、気長に転職活動をしなければなりません。

求人探しは希少求人に強い『保育士専門の転職サイト』で

前章で解説した通り、助産施設・産婦人科の保育士求人は数が少ない希少求人に分類されます。

そうなると、「求人を見逃さないこと」「採用対策を万全にしてチャンスを逃さないこと」がとても大切になってきます。

そこで、『保育士専門の転職サイト』が役立ちます。

保育士の求人のみを収集しているので、一般的な転職サイトでは見つからない希少求人も充実しており、保育士をしっかり理解したアドバイザーによるサポートも受けることができます。

助産施設・産婦人科で働きたい保育士さんは転職サイトを積極的に活用していきましょう。

おすすめの登録先はココ!実績No.1の保育士転職サイト「マイナビ保育士」

マイナビ保育士