月給25万円は、ボーナス無しで単純計算しても年収300万円を実現できる金額です。額面25万円であったとしても、ひとりで生活していく分には全く問題がありません。生活を営みながら、お金を貯めることも可能でしょう。

そんな月給25万円ですが、保育士では他の業界に比べると、得るのが難しい金額なのです。

月給25万円は保育士の平均月給以上

月給25万円というのは、他の業界の人からすれば何気ない言葉かもしれませんが、保育士にとってはとても大きく遠い言葉です。月給25万円となると保育士の平均月収を上回る数値になります。

平成26年の保育士の平均月収は、22万円。25万円といえば、それを3万円も上回る数字です。そのことを再認識しておきましょう。そうして、保育士にとっては25万円は給料が高い部類に入るということを思い返すのです。

月収25万円以上可能の保育士求人は見つかりにくい?

難しいといっても、25万円以上可能の求人は、多数あります。多数といえども、全体すうから見ればほんの一部です。

しかし、決して不可能な範囲ではありません。ただし、どんなツールを使って求人を探すのかによって、求人の見つかりやすさは変わります。

また、地域に関してもあまり限定しすぎないほうが得策といえるでしょう。限定しすぎると、全く求人が見つからないという自体になりかねません。住んでいる都道府県内もしくは、隣接する都道府県にまで範囲を広げて探す必要があるでしょう。

月収25万円以上の求人が見つかりにくい地域

地域によっては、月給25万円以上を得ることが極端に難しい・不可能に近いということもあり得ます。

保育士の平均年収ランキングを見てみると、どの地域で月給25万円以上の給料を得ることが不可能なのかがわかるでしょう。平均年収300万円を下回っているようなところは、不可能に近いと考えられます。

地域別の保育士の平均年収を見てみると…

秋田県・岡山県・静岡県・佐賀県・島根県・青森県・千葉県・大分県・鹿児島県・北海道・広島県・鳥取県・三重県・福岡県・沖縄県・福島県では、300万円を下回っているのです。

福島県となると217万円となっており、十中八九25万円以上の月給が得られないと考えられます。

保育士が月給25万円以上を得るための条件

経験年数5年は欲しいが、場合によっては3年でも可

月給25万円以上を可能としている求人を見ていると、やはり一定以上の経験年数は必要だと考えられます。

経験年数が5年もあれば、月給25万円以上可能としている求人に応募し、実際に25万円以上を得ることもできるでしょう。25万円以上可能としても、未経験なら18万円や20万円程度のところが多いです。

5年もしくは、3年でも月給25万円以上を得ることが可能な場合もあります。初任給が20万円に設定されており、中途採用で30万円以上可能だと掲げているような場合、3年程度の経験年数であったとしても25万円以上の給料を得ることができるでしょう。

運営母体は株式会社がおすすめ

月給25万円以上の給料を得たいということであれば、運営母体が株式会社のものを選ばなければなりません。株式会社は慈善事業という意識は全くなく、ビジネスです。

人件費についての考え方も株式会社らしく、人件費は重要だと考えられています。福祉団体は慈善事業という意識が強く、職員も給料を求めないものという風潮があります。

運営母体は株式会社で、施設の種類は広く考えたほうが良いでしょう。一般的な無認可保育園だけでなく、様々な種類の保育施設にまで視野を広げることが必要です。

資格手当でカバーする

保育士資格のみ必要だという職場でも月給25万円以上の給料を得ることは可能ですが、特殊な施設で働き、他の福祉資格を取得すれば25万円以上を得るのに有利になります。

特殊な施設の中には、介護福祉士の資格や社会福祉士の資格などを持っていれば有利になる場合があるのです。その場合には、保育士という必須資格のほかに資格を取得したものとして、資格手当が支給されることもあります。

それだけで月給が万単位で上がるため、基本給だけでは25万円に届かずとも、資格手当をあわせると25万円に届いたり、さらに高い月給を得ることができるのです。